2011/08/08

アジア・クロスカントリーラリー レグ3

AXCRもいよいよ今日が終わったら折り返しになります。
実は、ちょっぴり昨日までジレンマを感じていました。
なんか、出来ることをしていない気がして。
昨夜、主催者の笹さんと話しているとき、『何をしていいのか迷っています。』とついポロリと言ってしまいました。
すると、柔らか笑顔で『どんどんコメント撮ったりいろいろチャレンジしてみて』
単純な私!エンジン掛かりました!














今日はプラチェンブリからタイとカンボジア国境近くのサケオに移動します。
用意されたSS3は209.90キロのロングステージ。
まずは、SSのスタート地点目指してGO!
スタートした直後の茂みに入りビデオカメラを回してみました。
なので、写真はありません。
アドベンチャークラスのみんなも楽しんでいるようで声をだして応援していました。
昨年の自分を思い出すなぁ。ね、keiさん★←(昨年の相方ドライバーです)


最後のラリーカーを撮影すると、次のポイントへすぐに移動です!
今度は田んぼの景色がきれいなポイント。
ボスをはじめそれぞれのロケーションに散らばっていきます。
『あ、水牛!』という声がどこからか・・・・
え??あれ?カメラマンの一人が田んぼの中でスタンバイしているではないですか!
メディア同士の会話にちょっと笑えるようになってきました。
それにしても、それぞれの視点で最高のロケーションを見つけ何処でも入っていく姿に感動。















次のポイントは、どうやら水がバシャーーーンってポイントらしいのです!
車を降りてポイントへ移動すると赤土のコースの中に水溜りがありますが・・・
思ったよりも小さいような・・・・

ボスが村松2号クンと名づけたた小さなビデオカメラを設置して、大きな三脚を立ててるポイントを探していると・・・・・
『ウィーーーンブォーン』
かすかに・・・・ラリーカーが来ちゃいました!
三脚を立てるのを止め手持ちでカメラを構えるボス。
私もその向かいあたりでカメラを構えるファインダーにラリーカーを捕らえた次の瞬間!!
茶色い液体がスローモーションで迫ります!
小さいとタカをくくっていた水溜りの泥水があざ笑うかのように襲ってきたのです!

ボスが以前言っていたことを思い出しました。
『シャワーキャップをいつでも持っているといいよ。
イザというときカメラに被せるとカメラを壊すことなくイイシーンをとれるんだ。』
時間がなかったとはいえ実はカメラカバーもシャワーキャップも背中のリュックの中。
すぐ出せなくちゃ意味ないじゃん。私。
次回の課題!ドラえもんのポケットのごとくとにかくカメラを守るものはすぐ出せる状態にしておこう!

頭から泥水だらけデス。でも、ラリーの洗礼を受けたみたいで気持ちがいい!
どれだけドロドロだったかというと・・・・
公式レポートに泥姿載せていただいてますのでこちらをご覧ください★
ご参考までに、帰ってから改めて洗う前の私の服の写真。



















泥を近くの民家で洗ってからPCに到着するとすでにほとんどのラリーカーが出た後。
と思ったとたんに!
今度は、スコールが降ってきました。日本のゲリラ豪雨が続く感じです。
今日は水にご縁がありますね(笑)














ドライバーのリキットさんが用意してくれた昼食をいただきます!
ココナッツ風味の味噌おでんといった感じのものと、つみれを串にさして揚げたもの。名前はわからないけどこちらもおいしい!!
タイ料理というと辛くて甘くてすっぱくて!!と想像する方も多いと思います。確かにそういう料理もあるけど、屋台などでは辛味や酸味などの香辛料は別に袋つめされていて、それを付けなければ日本に近い味の物が多いんですね。
さて、お腹がイッパイになったところで今度は川渡りのポイントへ。
ということで、今日の締めのポイントも『水』です。

ボスをはじめメディアの皆さんが雨の中バシャバシャ川に入っていきます。
私もガッチリ水対策をして川の中へ入ることにしました。
海外メディアのフレッドさんや、マレーシアのフォトグラファーのルディさんもバシャバシャ!














スタンバイOK!
でも・・・中々ラリーカーの音はしません。
片言の英語でフレッドさんと話しながらラリーカーを待ちます。
ん???ルディさんが脱ぎだした???
え!!!
ジャングルで行われるマレーシアの四駆イベントでも撮影をするルディさん。
ジャングルの楽しみ方は一流です!ジャングルの食べれる草を見つけて私にもくれました。
ちょっと粘り気のある、草?でも美味しい!!














メディアの会話も少なくなってきたのに待てども待てども来ない。
何かあったのかと思った頃遠くからラリーカーの音が聞こえてきました!

ん?トップのラタボ選手のDMAXがきません!何かあったのか??
どうやら今年のトップ選手の走りは私たちの予想を超えかなりのスピードらしく、私たちがついた頃には既にトップ3台が通過した後だと判明。
トライアングル号を撮影してこのポイントは終了です。

長い待ち時間でしたが、ここでメディアの方との距離が縮まりました。
いろいろあったけど充実しています!
多分今日は少し映像も取れたと思う。
だって、その証拠にほとんど写真が無い。その分カメラを構えていたんだと自我自賛!

今日のホテルはケサオのホテルです。
今日はダルニー支援のセレモニーが開催されます。
トライアングルでは毎年タイの子供たちの里親になり学校に行けるよう支援する活動をしているのです。残念ながら遠すぎて子供たちは来れませんが、担当の方がホテルに来ているので子供たちへの記念品を贈るのです。
アドベンチャークラスで参加しているメンバーもそれぞれ絵本やノートなどを用意してきました。

ここでボスから思わぬご褒美。
このセレモニーの日本語司会を私にさせてくれるというのです。
ちょっとお役にたてたかも!

今日もメディアブリーフィングがありました。昨日よりも英語が聞こえるカモ。
私なりにメモしました・・・・・解読に苦労しそう・・・・。
ちなみに取ったメモはこんな感じ・・・・。














部屋に戻る途中ホテルのロビーで、選手やメディアのみなさんや関係者のみなさんと立ち話するのも楽しい日課になってきました。ラリーについて話すのは楽しい!!
好きなことを仕事にするのは簡単じゃ無いけれども好きなことで仕事をし、第1線で活躍している方のお話って国境をを超え魅力的です。

明日はサケオで二つのSSが開催されます。
おやすみなさい!!
★詳しい競技のレポートはAXCR2011公式レポートがアップされています。
とても素敵な写真で文章も魅力的。
ぜひこちらもご覧ください!

【ご協力いただいた皆様】
オフィスミッション
アンダーテイク
SEVショールーム札幌
ミッションやまちゃん





2011/08/07

アジアクロスカントリーラリーレグ2




















いよいよレグ2、ラリーの2日目がスタートします。
まずは公式通知のチェックをHQでします。
コマ図の変更点が出ていました。

今回の私はMCでもなければギャラリーでもない。
昨年のような参加者でもない。
『メデイアクルー』という未知の世界。
もちろん色々なモータースポーツを通してメデイアの方の様子は見ているけど漠然と外から見ているだけ。
正直何をしてよいのかサッパリわからない。

バンコクまでの飛行機で、今正に日本で活躍している高橋さんと河村さんから話も聞いているし、今回の私のボス村松さんからだいたいのことは聞いているけれど現場に入ると正直者戸惑いも多数。
というより戸惑いだけ。

でもご安心ください。

たっのしぃ〜!!

今日は、パタヤからタイの東側プラチェンブリに向かいます。
ロードセクションとSS合わせると362キロ!
そのうちSSは!なんと!
212.4キロです!

『.』の場所間違っているわけではないですよ。
なが〜いSSなんです。
なので今日のSSはこの一本。














コースはプランテーション畑の多いコースです。
長いストレートから右コーナを曲がり消えてゆく場面。
ラリーカーがポイントに来るまで、例の何時何処でがわかるカットを私なりに撮影。
ちょいと工夫して、AXCRのスッテカーをゴムの木に張り撮影してみました。














最後まで撮影したあとは村の中がコースに使われているポイントに移動。
近所の子供達が集まってきました。
とっても人懐っこくてカメラを向けると笑顔でピース!
iphneのアプリを使いトイカメラ風に撮ってみたりしました。
映像は、皆さんのファインダーに入らないように、でもボスと同じ方向からなら必要ないのでちょっと違ったポイントで撮る工夫を・・・・。
数回に一度レックボタンが遅れますが練習練習!















そのあとPCと呼ぶいわゆるサービスポイント。
ここでは、チームクルーがラリーカーをメンテナンスします。
そして、コマ図をチェックするコドライバーの真剣な姿も。















続いては、ユーカリ畑で撮影。
ちょっぴり写真も撮ってみました!
あ~カッコイイ!しかもすごい至近距離!
メディアは選手からするとコース内の石。競技の邪魔をしてはいけないので、ここにいて大丈夫かボスに確認しながらスタンバイします。
あ、でも写真があるということは映像を撮っていないということばれちゃうかな・・・
















今日はホテルをプラチンブリに移しました。
夕食はホテルで。戻ってから知ったのですが、なんと哀川選手のFJクルーザーがコースアウトし、あわや崖下に落ちるところ。ギリギリ木に引っかかり止ったそうです。そこで活躍したのが、チームトライアングル。絶妙な判断とレスキューで見事FJクルーザーをコースに復帰させたのです!
夕食時に哀川選手がお礼にテーブルに来ました!
そして、ビールとプレゼント!ライターかと思いきや爪楊枝入れ!
今日のヒーローはチームトライアングル。一気に哀川選手との距離も縮まりいい雰囲気!














さて、この日から食事後メディアブリーフィングが開催されます。
コースを把握しているピタックさんからお勧めのポイントや入り方など。
ここでは、こちらからのリクエストもしメディアそれぞれが明日の予定を立てるのです。
言語は英語・・・・聞き取れたような・・・聞き取れないような・・・。














ボスは食事の時間も惜しみ会場の外に今日撮った映像をバックアップするためのベースを確保し奮闘中。
食事の後スポンサーであるシンハービールを頂いていると、ヨコハマタイヤジャパンの高須さんにアドベンチャークラスのコリアンチームを紹介していただきました。














よくよく話を聞くとなんと!2002年から3年連続で参戦し、2005年AXCR総合優勝ドライバーだというジョンさん。
何故今年アドベンチャークラスなのか。
なんと来年のAXCR2012にミニクーパークロスオーバーで参戦を計画しているというではないですか!
今年はその視察を含めアドベンチャークラスに参加しているんだそうです。
ジョンさんはとにかくミニクーパーが好き。韓国では決して安くはないこの車。8年間で3台のミニクーパーに乗っている。お酒やタバコなどの趣向品を節約しミニクーパーにつぎ込んでいるとか。
でも、ミニクーパーで完走はできるのか?と聞いてみたところ・・・

『今回久々にコースを走ってみたがミニクーパーで完走は容易ではないでしょう。でも、今年のダカールラリーでミニクーパーが完走している。このAXCRも不可能ではないと思っているんだ。メリットとしては小さな車だからこそ車重が軽い。もちろん完走のためにはセッティングがとても大切だと思う。過去にジムニーがAXCRで完走しているのを見ているしミニクーパーにも可能性を大いに感じているよ。』
今年秋にはジオランダー175/80 R16でのテストも視野に入れて準備を進めているのです!
AXCRの可能性が更にひろがるなぁ~なんて思っていたら・・・・



















AXCRの主催者笹さんからさらに素敵なニュースが!
なんと、来年ジムニークラスが開設されるかもしれないというのです!
ジムニーはホイルベースが短い。その利点を利用するとコンテナに3台入る。
台数があつまればコストを軽減することも可能!
トライアングルでもジムニーの参加は多いですもんね。
今までよりもさらに参加しやすくなるのかもしれないのです。
今から細かい調整をしているとか・・・
ジムニークラスかぁ。
いつか私もコンペティターで参加してみたい。もちろんコドライバー志望で!

そして、もう一つ!来年の2月か3月にAXCRの勉強会が開催予定!
場所は福岡を考えていて、AXCRのノウハウを1泊2日で学べる。講義に模擬SSも予定しているらしい。ヘルメットとグローブさえ用意すればレンタカーでも可能かも!
今後の情報にアンテナを張っておきたいニュースです!!

さて、今夜も気がつくとこんな時間。え!!1時???
あ、日本時間でした。携帯の時計合わせていないんです。びっくりしたぁ。
実は朝も驚いて飛び起きました。
タイ時刻では23時。そろそろ寝ます。また明日!



















さて、詳しい競技のレポートはAXCR2011公式レポートがアップされています。
とても素敵な写真で文章も魅力的。
ぜひこちらもご覧ください!

【ご協力いただいた皆様】
オフィスミッション
アンダーテイク
SEVショールーム札幌
ミッションやまちゃん





2011/08/06

アジアクロスカントリーラリーレグ1















いよいよアジアクロスカントリーラリーレグ1がスタートしました!
私の役割は初めてのビデオ撮影。

まずは公式車検がホテルの駐車場でスタートしました。
昨年お世話になったあきんど号の山本選手と辻本選手。今年は哀川選手の2号車としての参加。昨年はアドベンチャークラスだったので、コンペティターとしての彼らを見るのは初めて。笑顔ですが、オーラが去年とは違うかも。
『がんばれ東北がんばれ日本』のスッテカーがコンペティター全車に張られました。















そして、昨年は遠くから見ていたAXCRではもう常連の九州男児の森川選手と深野選手。今年はいろいろお話してみたいな・・・・
そうだ私はメディアだった。取材取材。勇気を出して話しかけてみる。ビデオカメラ片手に。
九州男児は今年で9回目の参戦。気合入っていますか?ときくと・・・
『いいや。今年は自然体だよ。』とニッコリ。
なんだかカッコイイみなさんです。メディアの間でも優勝候補のチーム。



















そして!青木拓磨選手。モトGPで活躍した選手です。事故でハンディキャップを持ってからもモータースポーツへの情熱は忘れず今年で5年目の参戦。
今年はボディをFRPにして車両を軽くしたとか。昨日椎根さんに教えていただきました。
昨年はマミーズのステッカーを貼ってください!と渡すと大切なレーシングスーツに張ってセレモニアルスタートをスタートしてくれたとっても気さくな選手!
優勝候補のチームです。














そして、チームトライアングルも登場!
伊藤選手は今回で3回目のAXCR!佐々木選手や平賀選手の顔も。
昨年のジャパンファイナルが思い出されます!
そしてトライアングルからのコンペティターとしては最後。
今年からジャパンファイナルで優勝したチームはアドベンチャークラスにご招待されることになっているのです。














そして、見たことあるタイ選手!BOONYATANASET 選手
あ!昨年アドベンチャークラスで一緒にラリーした方だ!
奥様と一緒に参加していましたが、今年はなんとコンペティター!奥様は2人目の子供が生まれて今年はお留守番だそうです。















さて、いよいよSS1このコースは2.14キロのショートターマックコース。海が望める絶景ポイントもあります。

昨日ロケーションチェックもした場所です!
タイのギャラリーも到着!














お天気は晴天で日向にいると倒れそうになるので日陰にスタンバイしラリーカーの音が聞こえたら日向にでて撮影!

のはずか、気を抜くとビデオのレックボタンを押した頃にはラリーカーは通過した後…

難しい!

ということで写真を撮る余裕は全くなし。

昨年4位で完走した九州男児の森川・深野組のランクル80がベストタイム!
ミスコースをしかけた青木・シマークス・椎根組のD-MAXが4秒差で2位!
日本人選手が活躍しました。



夜にはパタヤの繁華街ウオーキングストリートで賑やかにセレモニアルスタートが開催されました。

セレモニアルスタート途中からスコールが振り出しアニキこと哀川選手と奴田原選手のFJクルーザーがスタートするころはスコールがマックス!
そんな中アニキはカッコ良かった!
笑顔で華やかにスタートしていきました!

私もアジア頭の先から足の先までずぶ濡れです…
メデイアクルーの仕事は夜も続きます。
タイフードを屋台で食べながら、明日の撮影ポイントの相談。

メデイアクルーってこんなに大変なのですね。

さて明日はロングステージ!
212.4キロのSS2を走りタイの東側にあるプラチェンブリに移動します!

さて、詳しい競技のレポートはAXCR2011公式レポートがアップされています。
とても素敵な写真で文章も魅力的。
ぜひこちらもご覧ください!


【ご協力いただいた皆様】
オフィスミッション
アンダーテイク
SEVショールーム札幌
ミッションやまちゃん
BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop

2011/08/05

タイ#2




















タイ2日目が来ました。
さて、今日は・・・何をするのだろう・・・・
まだまだ、私の役割わかりません。
とりあえずボスに聞くと・・・・
『オレが忘れ物しないようにアシストしてくれ。』

これには昨年の知る人ぞ知る武勇伝があるのです。
昨年もボスはAXCRのDVDを制作するためにタイのジャングルや畑の中に専属ドライバーと入り体を張って撮影をしました。
出来上がった昨年のAXCRのDVDはこちらから購入ができます。
話は戻り、慌しく撮影が終わると何か身軽。何かが足りない!!そう、貴重品を全て入れたバッグがない!記憶をたどると最後に撮影した畑で荷物を降ろした記憶が・・・・
結局ホテルから200キロ離れた畑に戻り真っ暗な中なんとか見つけることができたのです。

こう考えると、それだけ撮影は集中力を使いバードなんですね。
ボスが撮影に集中できるようにアシストする。
これが私の一番重要な仕事になりました。















よっし、アシスタントがしっかりと出来るようになったらメディアクルーとしてスタートラインにたてるんだ!アシスタント経験はMCの見習い時代みっちり身に付けました。アシスタントができればMCをピンでできると先輩に言われたあの時を思い出して頑張ります!

ということで、私のアシスタント時代に必ずやったこと。
ボスの行動をとにかく見る。観察する。わからないことはしつこく聞く。
何をどうして何をしたいのか。
これを観察して次に何をするのかを予想する。
それが、わかるようになるとボスの行動を先読みすることができ、アシスタントとして必要な動きができるのです。
題してストーカー大作戦!

今日の動き
1、ラリーの司令室とも言えるこのラリーの中枢、ヘッドクォーター通称HQに行きメディアの受付をする。
2、明日のSS1のロケーションチェックに行く。
3、パタヤのホテルで哀川翔さん、奴田原文雄さん、青木拓磨さんがタイの番組の取材を受けるのでそれを取材に行く。

まずはHQへ行く。
そこには、昨年お世話になった、笹さんを筆頭に名前は覚えていないけど(ゴメンなさい)昨年もオフィシャルでお世話になった皆さんが笑顔で迎えてくれる。
1年振りなのに私のAXCR2010とAXCR2011の間があっという間に縮まった。
う~ん。例えるならば不思議の国のアリスが穴に落ちて目の前の扉を開けた感じ。
今年は国境超えがあるので、パスポートのチェックやリストバンド、クレデンシャルといういわゆるメディア証明書を受け取る。このクレデンシャルが後のコミュニケーションアイテムとして役立つなんてこのときは思いもしませんでした。

さて、お昼ご飯は、この後一緒にロケーションチェックに行く※4×4マガジン編集長で今回はオフィシャルレポートをする河村大さんとボスと3人で。
昨年、タイビールの飲み比べや、タイ料理の虜になったあの屋台でランチです。
ここで、ボスからもうひとつ課題が・・・・
『何時どこでがわかる3秒から5秒のカットをラリー中とってくれ!』
これは、DVDの中で映像と映像をつなぐ重要なカットでこれがあることによって何時の何処のシーンかを見ている人は理解できるそうな・・・・

屋台では河村さんとボスが過去のラリー話に花が咲いていますが、すでに頭はイッパイイッパイ。タイラーメンや焼きうどんに野菜炒めなど食べてお腹もイッパイイッパイ。
はい。全てに一生懸命で、写真撮るの忘れました・・・・
こんなんで大丈夫か私!!















お腹もイッパイになったところで明日SS1とセレモニアルスタートのロケーションチェックです。
SS1のみパタヤでスタートしパタヤでゴールなのでロケーションをチェックできますが、以後は移動しながらのSSなので一切チェックができません。
なので、ここはきっちりと準備をすると予定通りの映像が取れやすいのです。
まずは、港に行きパタヤサインのある山を撮影。さっきボスの言っていた何時何処でがわかる映像になります。
ボスがきっちり抑えてるので私の厳密に言うと必要ありませんが、ここはストーカー作戦!後ろからついていきマネッコ大会です。
欲張りな私はせっかくならカメラマンの目線からも・・・
ということで、ボスと河村さんの後ろにつきチョコマカチョコマカ・・・・
お邪魔だったかも。



















あ、そうそうもうひとつ大切なこと。
これは飛行機の中で河村さんと高橋さんから教わったこと。
他のメディアが撮影している時、そのファインダーの中に自分が入らないように気をつけること。
折角のシーンもメディア自身の姿が入ってしまうと台無しになるそうです。















港、SS1に使われるコースなど一通り回り、パタヤらしい風景を撮っていると、一人の男性が声をかけてきました。
『日本人の方ですか?』
彼はバックパッカーでお寺に行きたいんだけどここから近いかと聞いてきたのです。
ごめんね。私多分あなたよりわからない、ということでボスにヘルプ!
目的は違うけどこれも何かの縁。お互いタイを満喫しようね!




















まだまだ今日は続く!次にテレビ取材の取材!
すでにたくさんのメディアの方が集まっています。
そして!哀川選手、奴田原選手、青木拓磨選手登場!
ボス、河村さん、高橋さん、仁科さんもスィッチが入って撮影が始まりました。
私は・・・・まだ、何をしてよいのやら。
青木拓磨選手のサードシートに座るメカニックでサードシートに座る椎根選手に取材?
普段は、地元でグリップのモータースポーツに関わっていらっしゃるとか。



















撮影が終わり奴田原選手、青木拓磨選手、椎根選手とパチリ★
奴田原さんは、スプリントラリーの全日本選手権で活躍しPWRCではモンテカルロでノンスカンジナビアとしては初めて優勝した経歴を持つラリースト。AXCRでは哀川さんのコドライバーとして参加しています。

無事撮影の撮影が終わりパタヤのマックでコーヒーブレイク。
アイスコーヒーを頼んだら・・・・すっごい甘い練乳入りのコーヒーでした(汗)
無事というかあたふたしっぱなしの一日が終わりました。

明日はいよいよセレモニアルスタートとSS1がスタートです!!




















※1:4×4マガジンではiphonやipad用のアプリがあります!四駆好きにはたまらない一冊を持ち運べる魅力的なアプリ。こちらでダウンロードできますよ★もちろん私も帰国後早速入手しました!


【ご協力いただいた皆様】
オフィスミッション
アンダーテイク
SEVショールーム札幌
ミッションやまちゃん



2011/08/04

タイ#1

早朝札幌をたち成田へ。
時間にあまり余裕のないスケジュールだったのでドキドキしましたが無事に出国。
成田からいよいよタイへ向けて出発!



お二方はプロのメデイアで、4×4マガジンの編集長の河村さんと様々な雑誌の写真を撮っている高橋さん。



仕事にかける思いや姿勢。刺激されまくりです。
いろいろ話しました。4x4マガジンのiPhoneアプリをみながら車や写真について熱く語ります。
気がつくと母を訪ねて三千里の話や仮面ライダーV3の話しになったりf^_^;)
雑誌を作るクリエイティブな方々だけに、話題も豊富です。



いよいよタイ着陸!
スワナンプールの空港には先発隊のニシナさんと昨年トライアングル アンダー71クラスでチャンピオンに輝いた ガレージモンチ青空の皆さん!



頭には『日本』の刈り込み!
気合が感じられます!




リゾート地のパタヤに到着!
さてさてお腹空きました!
タイスタイルでホテルからタイのシーフードレストランへGO!
タイ料理は美味しい!
苦手かもと言っていた人も本場の味に魅了されて食べる食べる!

オフィスミッションで発刊しているジープの雑誌『JOFF』を見ながら更に盛り上がります!
アジアクロスカントリーラリーは6日スタートで7日にはパタヤを離れます。きらびやかなところはパタヤくらいかな。しかも毎日ハードになるでしょうから今日は遊ぼう!と場所を移してもう一杯!
アドベンチャークラスのアドベンチャーな旅もスタートしました!



BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop

2011/08/03

前夜祭



いよいよ明日からタイに向かいます。
今日はその前夜祭。

日本料理を堪能し、ビデオ撮影の練習です!

明日は移動日ですが全て余裕がありませんf^_^;)
JRや国内線などギリです。

まずは、タイにたどりつけるのかぁ!!

まのめっちのアジアクロスカントリーラリーがいよいよスタートします!

さて、参加選手に応援メッセージが送れます!
ぜひメッセージを!こちらからいけます。

また、公式HPはこちら

そして、メディアとしては私の大先輩でしょう!昨年一緒にスポーツクラスで一緒にラリーをしたニシナ先生のレポート!素敵です。
ぜひこちらもお見逃しなく!



【ご協力いただいた皆様】
オフィスミッション
アンダーテイク
SEVショールーム札幌
ミッションやまちゃん


BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop

2011/08/01

アジアクロスカントリーラリー 2010

毎年タイ周辺で開催されるオフロード4駆のラリー『アジアクロスカントリーラリー』に昨年はスポーツクラスに参加者&レポーターとして参加していました!!
そして、今年は!たくさんの皆さんのご協力をいただいて、"オフィシャルメディアクルー"として『アジアクロスカントリーラリー』に行くことになったのです!!

まずは昨年のことを思い出してみます★

昨年私が参加したスポーツクラスとは"旅行以上競技未満" というコンセプトで昨年から始まった試み。コンペティターと同じようにポディアムに登ってスタートし、現地ディレクターが先導しコンボイで移動するのです、タイの町を移動しながら時には観光し現地の食べ物を食べ文化交流。かと思えば普通では入っていけないジャングルでラリーを観戦したり、時には川渡りなや一部SSの走行もさせていただけるのです。とても身近でラリーを体感できるのです。

今年はネーミングが、"アドベンチャークラス"と名前を変え、トライアングルチャンピオンシップで見事チャンピオンになったガレージモンチ青空の会の皆さんをはじめ日本からも続々参加します。
















このラリーはスプリントラリーと違いレッキがありません。
すべてコマ図から読み取り、ターマックやジャングルのSSを走り長いリエゾンを移動し5日間。
いかに車を壊さずに早くゴールするかという競技。とはいえこの時期雨季に入っているタイ。スコールがすごい!時にはそれ以上前に進めずSSがキャンセルになることもあるのです。
相手が自然なだけになにがあるかわからないのです。、





タイの子供たちもこのラリーを楽しみにしています。
ジャングルの中にある村の子供たちが集まってきます。
少しシャイですが、とってもピュアな子供たちです。現地の方との交流もとても素敵でした。




あきんど号のドライバー山本さんとコドライバー辻本さん。
彼らはアジアクロスカントリーラリー暦13回という大ベテラン!昨年はスポーツクラスを引っ張ってくださり、コマ図の読み方からタイの道のドライブのアドバイスやラリーの素晴らしさを教えてくださったお二人。
まのめっちのテンションが急降下したときの心のオアシスでした。

今年は!!なんと 哀川翔さんのチームの2号車で参戦!!
こちらもご注目!



昨年は、初めて現地であったkeiさんという九州の方とコンビを組み長い道のりを移動しました。それにオフィスミッションのやまちゃんとニシナ先生♪
これが昨年のチームメイト★
とにかく彼らがいなければまのめっちタイのジャングルで野生化していたかもしれません。



長いラリーで私自身初めてのラリーでしたが、このラリーでコマ図も読めるようになりました!!疲れも出て忍耐忍耐!の時もありましたが、素敵な仲間に出会えタイの大自然に囲まれ多分一回りまのめっちが大きくなったのではないかと・・・・
さて、今年のラリーは立場が違います。どんな素晴らしい体験がまっているのか!
現地からレポートしますのでお楽しみに!!


動画もありますよ~
video

【ご協力いただいた皆様】
オフィスミッション
アンダーテイク
SEVショールーム札幌
ミッションやまちゃん


BlogBooster-The most productive way for mobile blogging. BlogBooster is a multi-service blog editor for iPhone, Android, WebOs and your desktop